ワークライフバランス取組み施設 済生会今治病院

概要

済生会今治病院の概要

一般急性期病院・2次救急、地域がん診療連携拠点病院

病床数 191床:一般171床(ICU8床)、緩和ケア20床
病床利用率 90.4%、一般のみ94%(平成27年度)
平均在院日数 15.3日(平成27年度)
1日平均外来患者数 約600人(平成27年度)
職員数 553人
その他 日本医療機能評価機構認定病院3rdG:Ver.1.0、臨床研修機能評価認定病院

済生会今治病院看護部の概要(平成28年11月現在)

看護単位 外来部門(外来、内視鏡・放射線、手術室、透析センター)
病棟部門(ICU・3階・4階・5階・6階・緩和ケア)
看護要員数 看護職246人(育児時短10人、産育休中15人)、看護助手30人
入院基本料 7対1
勤務体制 病棟2交代(16時間夜勤)
重症度、医療・看護必要度 26.9%(平成28年4~10月)
看護方式 チームナーシング、継続受け持ち制、デイPNS
継続教育 クリニカルラダー、新人看護師教育、中途採用者支援研修
専門1名、認定6名、認定看護管理者2名
その他 託児所完備(定員50名、指定日24時間保育)

活動の経緯

済生会今治病院のミッション

済生会の精神に基づき、地域の急性期中核病院として、人々が安心して生活できる質の高い医療を目指します

済生会今治病院のビジョン

職員の仕事と生活の調和がとれ、やりがいをもって活き活きと働き続けられる職場

上記のミッション・ビジョンに基づき、3年後のゴールを「WLB推進体制が普及し、院内職員全体がやりがいをもって活き活きと働くことができる」として、インデックス調査等から導き出された課題を基に、啓蒙活動チーム、時間外労働削減チーム、夜勤時間短縮チームで活動を展開しました。

実際の活動内容

  啓蒙活動チーム 時間外労働削減チーム 夜勤時間短縮チーム
活動内容
  • 院内全体対象WLB説明研修会開催
  • 看護部ホームページへの掲載(1回/4ヶ月)
  • ポスター作製(1回/6ヶ月)
  • 人事課から、制度周知ポスター作製
  • 時間外労働実態調査
  • 業務改善
  • デイパートナーシップの導入
  • NO残業デーの実施
  • 毎年1月に時間外労働時間調査の実施
  • 多様な勤務形態を定着させる
  • 13時間夜勤の試行
  • 院内制度の調整
成果 制度周知ができた デイパートナーシップ、NO残業デーを導入することで、定時に終業出来るよう意識づけができてきている 多様な勤務形態を選択できるようになった
今後の
活動予定
  • 看護部ホームページの更新
  • 組織横断的階層別研修の開催
  • 総合入院係の導入
  • NO残業デーの継続
  • デイパートナーシップの充実
  • 13時間夜勤の実施、導入
  • 看護師承認制度の継続
  • 給与形態でステップアップ勤務形態の導入

3年間の成果指標

目標 結果
1.「個人のWLB評価に関する指標」で15点をめざす 「個人のWLB評価に関する指標」で10.8点→11.7点へ改善
2.就業前後の時間外労働時間の短縮
(日勤69分間→60分間)
時間外労働時間を、病棟部門のみの結果で91.5分間→78分間へ短縮
3.多様な勤務形態を定着させる 1) 13時間夜勤の試行のみ実施
2) 時間短縮正職員の勤務形態の選択肢が増えた
4.年間休暇日数125日/人/年をめざす 4.年間休暇日数125日/人/年を達成する

その他、頑張った人が承認され次への意欲を高めるための「看護部承認制度」を構築しました。

啓蒙活動ポスター
啓蒙活動ポスター
看護部ホームページ掲載
看護部ホームページ掲載
NO残業DAYポスター
NO残業DAYポスター
院内研修風景
院内研修風景
愛媛県看護協会へのお問い合わせはこちらまで
公益社団法人 愛媛県看護協会公益社団法人 愛媛県看護協会〒790-0843 愛媛県松山市道後町2-11-14 TEL:089-923-1287 FAX:089-926-7825