新着情報

平成二十七年度 川柳で考えよう煙草の害

禁煙(たばこ)に関する川柳 入賞作品をご紹介します。
平成二十七年度 川柳で考えよう煙草の害(PDFファイル)

選者 熊本良悟

最優秀賞

『ニコチンに 欲しい心の 処方箋』
政岡 千種
ニコチンの後に、「・・・がやめられないでいる人」という言葉が省略されています。即ち、タバコがやめられないでいる情けない人たちの心に、特効薬となる処方箋があればいいのにな、と作者はつぶやいています。品の良いイロニーが感じられる素敵な作品でした。

優秀賞

『バス停で 吸ってる主治医 目を伏せる』
医療法人住友別子病院 石村 淳子
ストレスの溜まる事の多い医療従事者。同情しますが、喫煙は社会にとって有害、禁煙していただきたいですね。

『禁煙で 妻の料理も 五つ星』
十全総合病院 向井 愛(めぐみ)
奥さんの料理は、元々五つ星。禁煙で分かるようになった奥さんの本当の料理の腕前に感謝、感謝。夫婦和合は禁煙からなのでした。

『ベランダの ほたるが消えた 禁煙日』
道後温泉病院 よし田 千秋
年中生息している、マンションのベランダ等にささやかに生息する、喫煙ほたる族。絶滅危惧種、いえいえ、絶滅期待種と言われながらもしぶとく生き残っています。

愛媛県看護協会長賞

『禁煙し 人に勧める どや顔課長』
ベルの母 天山病院(近藤知子(ちかこ))

社会福祉委員会賞

『禁煙した 自分にあげたい 金メダル』
きほくん 鬼北町立北宇和病院(正木由美)

入選

『孫思い 禁煙の道 歩み出す』
西予市立野村病院 山本 静子

『禁煙で 健康寿命 更新中』
天山病院 一分片 孝子

『吸う人も 吸わない人も 害を吸う』
道後温泉病院 浅木 慎介

『嗜んだ 煙が身体に 化けて出る』
前愛媛県看護連盟会長 植岡 道玄

公益社団法人 愛媛県看護協会公益社団法人 愛媛県看護協会〒790-0843 愛媛県松山市道後町2-11-14 TEL:089-923-1287 FAX:089-926-7825