アンケート結果

「愛媛県助産師活動に関する実態調査」結果について

日本看護協会、助産師職能委員会は、少子化が進む中、「母子のための安全・安心な地域包括ケアシステムの構築」をテーマに、出産環境の体制整備の推進、子育て世代包括ケアシステムにおける看護機能の強化、周産期医療体制整備と助産実践能力の強化に関する課題発見・意見集約に取り組んでいます。愛媛県助産師職能委員会においても、課題発見・意見集約を目的に実態調査を行いました。

委員会で結果を集約したところ、様々な課題のなかで優先すべき内容として「南予圏域の周産期体制が助産師数不足により成り立たなくなる 可能性があるため、助産師出向支援事業を活用し、県全体の課題として取り組む必要がある。」と検討いたしました。今後の取組みにご理解とご協力をお願いいたします。

愛媛県助産師活動に関する調査結果

1.対象:愛媛県内の産婦人科標榜施設(30施設)
2.調査方法:無記名 愛媛県看護協会ホームページ上でWEBアンケートを実施
3.実施期間:令和2年7月13日(月)~8月7日(金)
4.回答率:15施設(50.0%)

掲載資料

お問い合わせ(アンケート結果に関すること)

公益社団法人愛媛県看護協会
助産師職能委員会委員長
愛媛県立中央病院 助産師 嶋屋 順子
Tel:089-947-1111
E-mail:c-jshimaya@eph.pref.ehime.jp

PDFファイルを見るには
Acrobat ReaderPDF形式のファイルはAcrobat Reader(無償)でご覧ください。お持ちでない方は右のアイコン、もしくはアドビ社ウェブサイトからダウンロードしてください。
愛媛県看護協会へのお問い合わせはこちらまで
公益社団法人 愛媛県看護協会公益社団法人 愛媛県看護協会〒790-0843 愛媛県松山市道後町2-11-14 TEL:089-923-1287 FAX:089-926-7825